ソーシャルメディアの有用性を考える

ソーシャルメディアはテレビやラジオのように情報を一方的に発信するのではなく、双方向のコミュニケーションが取れることに大きな特色があります。
例えばTwitterやFacebook等はその良い例ですが、中でもTwitterは様々な情報を瞬時に発信することができるので利用している人が沢山います。
自分の考えを好きな時に何時でも不特定多数の人に伝えることができるのでとても約に立ちますが、その時に注意すべきことはあまりに非常識なことを書くと大変なことになると言うことです。
Twitterは匿名ではなく直ぐに身元が相手に分かるので、あまりに酷いことを書くと集中攻撃を浴びてしまうことがあり中には住所をネットで特定されてしまうこともあります。
ですからあまりに非常識なことは書かない方が良いですが、その点に気を付ければTwitterのようなソーシャルメディアは多くの人に自分の考えを伝えることができるので素晴らしい情報発信手段となります。